妊娠中の生物が禁止な訳は!

 

 

未妊~妊活、妊娠・出産・育児、

そして産まないことも含めた

「あなたのお産」を通して、

 

あなたがより輝いた人生を送る応援をする
助産師・Birth Designer(バースデザイナー)
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 

 

あなたは、

妊娠してから、

 

お寿司やお造りなどの生物を、

食べてはいませんか?

 

基本、

妊娠中は生物は禁止で、

 

母親教室などでも、

そのように指導していました。

 

ですが最近は、

お寿司屋さんで妊婦さんを

見かけることもあり、

 

居酒屋などでも、

お造りを食べておられる姿を

よく見かけます。

 

 

 

 

 

 

 

なにを食べるかは、

もちろん個人の自由です。

 

でも、

なぜ妊婦さんが、

 

生物を食べてはいけないと言うのかを、

ちゃんと知っていて欲しいです。

 

一番は、

食中毒です。

 

特にリステア菌による、

食中毒が怖いんです。

 

妊娠中は、

通常よりも免疫力が低下します。

 

ですから、

食中毒全般が、

通常よりもかかりやすいです。

 

その中でも、

リステア菌による食中毒は、

 

通常の20倍も、

かかりやすいと言われています。

 

そして、

この菌は潜伏期間の幅が広く、

 

1日〜1ヶ月後に、

発症することがあります。

 

そうすると、

いつの何が原因だったかが、

わからないことも多いです。

 

 

 

 

 

 

 

そして、

一番怖いのは、

 

感染しても、

あなたが発症しなかったり軽傷だと、

 

リステア菌に感染した事に気付かずに、

そのまま過ごしてしまう事です。

 

あなた自身には問題がなくても、

お腹の赤ちゃんには、

かなり深刻な影響を及ぼします。

 

リステア菌は、

胎盤を通って、

直接赤ちゃんに感染したり、

 

お産の時の産道を通る時に、

感染したりします。

 

赤ちゃんが、

子宮内で感染すると、

 

流産や早産、

時には死産のリスクもあります。

 

また、

子宮内や産道での感染で、

髄膜炎や敗血症など、

 

脳神経系に障害を及ぼす、

重篤なリスクを潜んでいます。

 

 

あなたが気軽に食べる生物で、

深刻な被害を受ける可能性のあるのは、

 

あなた自身よりも、

何よりも大切な

お腹の赤ちゃんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それほどのリスクがある事を、

自覚した上で、

 

嗜好に任せて、

生物を食べるのかどうかを、

判断して下さいね。

 

何かがあってから

後悔しても遅いんです。

 

自分だけは大丈夫、

ということは誰にもないですよ♬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが今まで以上に、

楽しく・美しく・自分らしく過ごせますように*:..。o○☆゚・: 

 

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたo(^-^)o