妊娠中はマグロもイエローカードです!

 

未妊~妊活、妊娠・出産・育児、

そして産まないことも含めた

「あなたのお産」を通して、

 

あなたがより輝いた人生を送る応援をする
助産師・Birth Designer(バースデザイナー)
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 

 

 

 

 

妊娠中は、

生物だけでなく、

 

食物連鎖の上位にある大きなお魚にも、

注意が必要です。

 

 

この食物連鎖の

上位にあるお魚の代表が、

 

Miss.Ooは、

あまり好きではないのですが、

 

日本人に大人気の

マグロです。

 

 

 

 

 

 

お魚は、

良質のたんぱく質やDHAなどを、

多く含んでいるので、

 

妊娠中には、

積極的に食べてほしい食材です。

 

しかし反面、

メチル水銀という、

人に有害な物質も含んでいます。

 

 

特にマグロなどの大きなお魚は、

食物連鎖の上位にあり、

 

それより小さなお魚を餌としていて、

 

その小さなお魚は、

さらに小さなお魚を餌としているので、

 

メチル水銀が、

どんどん蓄積された食物となります。

 

 

 

ではメチル水銀が、

妊婦さんにどのように有害なのでしょうか。

 

実は妊婦さん自身には、

よほど多量に摂取しない限り、

 

摂取したメチル水銀は、

体内で代謝され排泄されるので、

それほどの害はありません。

 

ですが、

問題は大切な赤ちゃんです。

 

メチル水銀は、

胎盤を通過します。

 

しかし、

胎児はメチル水銀を、

代謝する力を持たないので、

 

胎内から排泄されず、

どんどん蓄積されることになります。

 

そうすると、

胎児の脳や神経系に影響を与え、

 

神経障害や発達障害を

起こしてしまいます。

 

 

 

ですから、

こういったメチル水銀を、

 

含むお魚を食べる時には、

食べる量に注意が必要なんです。

 

 

 

 

 

 

厚生労働省が定めている、

妊婦の摂取目安として、

 

クロマグロ、

メバチマグロ、

メカジキ、

キンメダイ、

ツチクジラなどは、

 

週80g未満としています。

 

 

キダイ、

ユメカサゴ、

ミナミマグロ、

クロムツ、

マカジキなどは、

 

週160g未満としています。

 

 

gの目安は、

お刺し身なら1人前、

切り身なら1切れが約80gです。

 

 

 

日常よく使う、

ツナ缶についてです。

 

ツナ缶に使われるマグロは、

水銀が含まれないキハダマグロや、

ビンナガマグロなどが使われていて、

 

さらにカツオなどの

いろいろな魚を混ぜて作られています。

 

 ですから、

ツナ缶に関しては心配する必要はありません。

 

 

 

 

 

 

妊娠中にマグロを一切食べてはいけない、

ということはありませんが、

 

食べ過ぎると胎児への危険がある

ということを知っておいて下さい。

 

 

 

妊娠中に、

お口にするものは、

 

=(イコール)

 

赤ちゃんの栄養でもあります。

 

 

良いものを取り入れる事も大切ですが、

有害なものを取らないことの方が、

より大切です。

 

 

「知らなかった!」

 

ではすまない、

大事に至ることも多いです。

 

 

しっかりと、

信頼できる必要な情報を、

キャッチしておいて下さいね。

 

 

Miss.Ooが、

配信させていただいている

 

無料のメルマガ

 

「Birth Design通信」

 

があなたのお役に立ちますよ♬

 

 

 

 

 



 

 

 

あなたが今まで以上に、

楽しく・美しく・自分らしく過ごせますように*:..。o○☆゚・: 

 

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたo(^-^)o