「かたさ」はお産の大敵です!:第2弾

 

未妊~妊活、妊娠・出産・育児、

そして産まないことも含めた

「あなたのお産」を通して、

 

あなたがより輝いた人生を送る応援をする
助産師・Birth Designer(バースデザイナー)
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 



 

 

 

昨日は、

頭のかたさについて、

お話ししました。

 

 

昨日が頭とくれば、

 

今日は?

 

そうです。

 

体についてのお話しです。

 

 

お産には、

頭だけでなく、

身体のゆるみも大切です。

 

 

一つは、

子宮のゆるみです。

 

今、

お腹を触ってみて、

どうですか?

 

 

子宮はふわふわと、

柔らかいですか?

 

 

 

 

 

 

最近は冷房や、

冷たいものの取りすぎなど、

 

冷えから、

子宮が硬くなっている方も多いです。

 

また、

妊娠中もお仕事をされている方も増え、

 

立ち仕事が増えたり、

休む暇がなかったり、

 

また、

お仕事のストレスなどから、

緊張を強いられたりなど、

 

様々な要因で、

子宮が硬くなっている方が多いです。

 

 

そんな中、

ご自分では、

子宮が硬くなっていることに、

 

気づいておられない方が

とても多いです。

 

 

 

 

 

子宮が硬いと、

その中で育つ赤ちゃんの環境は、

とても悪くなります。

 

また、

子宮が硬く張っていると、

流産や早産の原因にもなります。

 

さらに硬い子宮は、

お産の時には、

伸び縮みがしにくいので、

 

陣痛が弱くなったり、

陣痛を痛みとして感じやすくなります。

 

 

ですから、

常に子宮を柔らかく、

ふわふわにしておきましょう。

 

 

 

 

 

朝、

目覚めた時の、

 

緩んだ状態の子宮の柔らかさを、

知っておいてください。

 

それより硬い時は、

よくない状態だと、

ご自分で自覚しましょう。

 

 

体の二つ目は次回に♫

 

 

 

 

 



 

 

 

あなたが今まで以上に、

楽しく・美しく・自分らしく過ごせますように*:..。o○☆゚・: 

 

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたo(^-^)o