妊娠中の気持ちをパートナーに察してもらおうとは思わないで!

 

未妊~妊活、妊娠・出産・育児、

そして産まないことも含めた

「あなたのお産」を通して、

 

あなたがより輝いた人生を送る応援をする
助産師・Birth Designer(バースデザイナー)
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 

 

 

 

あなたとパートナーとの

毎日の会話は、

どのようなものでしょうか?

 

はははっ(笑)

 

そんなこと、

大きなお世話ですよね。

 

 

そうなんです。

 

 

ですが、

妊娠をすると、

 

いつもと、

ちょっと心理状態が

変わりませんか?

 

 

身体が、

少しづつですけど、

変化を始め、

 

ホルモンバランスも変わり、

 

いろんな事を敏感に感じたり、

感情が不安定になったり・・・・・・と。

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、

妊娠したことは、

とても嬉しいのでけど、

 

なんだか、

不安や心細さが、

増したりはしていませんか?

 

 

 

そんな、

気持ちの変化や、

心細さなんかを、

 

ちゃんと、

パートナーに伝えられていますか?

 

 

 

もう、

ご存知だと思いますが、

 

男性と女性とでは、

天と地ほどと言って良いくらい、

 

脳の造りが異なります。

 

 

あなたが、

いくら察してほしいと、

優しい言葉を待っていても、

 

私のことは、

理解してくれているはずだからと、

思いやりのある態度を期待しても、

 

はっきり言って、

パートナーは分かっていません。

 

パートナーはというより、

男性には、

わからないということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、

男性の辞書には、

 

「察する」や、

 

「言わなくてもわかる」

 

「通じ合う」

 

などと言う言葉は、

存在しないと思っていた方がいいです。

 

 

 

何か事が起きた時、

 

男性は、

 

「言ってくれればよかったのに。」

 

「言わないとわからないよ。」

 

「ぜんぜん気づかなかった。」

 

「そんな事を思っていたなんて。」

 

と言う事が多いです。

 

 

これらは、

決して言い訳でもなんでもないんです。

 

本当に男性は、

はっきりとわかりやすく、

 

今、

あなたがどんな気持ちで、

何をして欲しいのかを伝えないと、

 

全く分かっていないと言う事です。

 

 

パートナーに

遠慮している場合ではないですよ。

 

逆に、

パートナーは、

 

遠慮されていると知ると、

寂しくなるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

愛ある二人の関係です。

 

あなたが何を考え、

何に悩んでいるのかを、

 

きっと、

知りたいと思っているはずです。

 

 

お互いの事を分かりあうのには、

 

とくに男女間では、

言葉を使ったわかりやすい

コミュニケーションが必要ですよ♫

 

 

 

 

 



 

 

 

あなたが今まで以上に、

楽しく・美しく・自分らしく過ごせますように*:..。o○☆゚・: 

 

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたo(^-^)o