妊娠してから、風疹の検査を受けましたか?

 

未妊~妊活、妊娠・出産・育児、

そして産まないことも含めた

「あなたのお産」を通して、

 

あなたがより輝いた人生を送る応援をする
助産師・Birth Designer(バースデザイナー)
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 

 

 

 

 

妊娠してから、

もう風疹の検査を受けられましたか?

 

あなたが、

風疹にかかったことがあるのか、

風疹の抗体を持っているのかは、

 

お腹の赤ちゃんにとって、

とても大切なことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常なら風疹は、

「三日ばしか」とも呼ばれ、

 

急性の感染症で、

比較的軽症で済むことが多いです。

 

ですから、

あまり気にかける

感染症ではないのです。

 

ですが、

妊娠を考えている場合や、

妊娠中には、

 

赤ちゃんに障害を

及ぼす可能性があるので、

注意しないといけない感染症です。

 

 

一般的には、

風疹は子どもの頃に、

かかることが多く、

 

一度かかると、

終生免疫がつくので、

再度感染する確率は少なくなります。

 

ですが中には、

一度できた抗体が、

 

年月とともに減少し、

再感染することもあります。

 

 

あなたが、

風疹にかかったことがあるのか、

覚えていなくても、

 

風疹の抗体を調べることで、

すぐにわかります。

 

 

風疹の抗体がない場合や、

抗体が少ないと、

 

風疹にかかる可能性が

出てきます。

 

特に、

妊娠期は免疫が低下するため、

 

通常よりも、

風疹にかかりやすいです。

 

ですが、

先ほども言ったように、

 

妊娠初期に、

風疹にかかってしまうと、

 

お腹の赤ちゃんに、

重篤な影響を及ぼすこともあります。

 

風疹のウィルスは、

母体に侵入した後、

 

胎盤の中で増殖し、

お腹の赤ちゃんに感染します。

 

胎児が感染すると、

「先天性風疹症候群」と言って、

 

・難聴

 

・白内障

 

・先天性心疾患

 

が三大症状ですが、

 

この他にも、

網膜症、発達遅滞、精神発達遅滞などの、

症状が出ることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

先天性風疹症候群が起こるリスクは、

風疹にかかる妊娠時期によって、

大きく異なります。

 

一番避けたいのが、

排卵後から妊娠12週までの感染です。

 

この妊娠初期が、

赤ちゃんの脳や体などが、

形成される時期で、

 

感染の影響を一番受けやすく、

障害が残る危険性も高いです。

 

ですから、

妊活中や妊娠初期に、

風疹にかからないように

 

予防することが、

とても大切になります。

 

 

そのために、

あなたが風疹の抗体を、

持っているのかどうかを、

 

ご自身で知っておくことも、

大切です。

 

妊娠すると、

スクリーニングとして、

他の感染症も含め、

 

出産場所で、

検査をすることが多いです。

 

その結果を、

きちんと把握して、

知っておきましょう。

 

 

 

風疹の抗体価は、

通常「HI法」と「EIA法」で調べます。

 

HI法は、

8倍未満は陰性

8〜16倍は免疫があっても不十分

 

なので、

16倍未満だと、

風疹にかかりやすい状態です。

 

32〜126倍は免疫がある状態

 

256倍は高く、

最近に風疹に感染した可能性が

考えられます。

 

EIA法は、

使用するキットによって、

異なるので、

 

検査を受けた

医療機関で確認してください。

 

どちらにしても、

検査を受けた場合には、

 

その結果の意味することを、

きちんと聞いて、

 

ご自分の風疹に対するリスクを、

把握しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妊活中の方は、

妊娠前、妊娠初期に

風疹にかかることのないように、

 

ご自分の風疹の抗体価を、

事前に検査しておくことを

お勧め致します。

 

 

風疹の検査を受けて、

もし抗体価が低く、

風疹にかかるリスクがある場合、

 

風疹にかからないように、

どのように予防すればいいのか、

 

 

 

それについては、

本日19:00配信のメルマガ

“Birth Design通信”で配信致します

 

登録はこちらから

       ↓  ↓  ↓

“BirthDesign通信”