妊娠の経験があるのに「不妊」とは、二人目不妊って不思議です!

 

未妊~妊活、妊娠・出産・育児、

そして産まないことも含めた

「あなたのお産」を通して、

 

あなたがより輝いた人生を送る応援をする
助産師・Birth Designer(バースデザイナー)
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 

 

 

 

 

「二人目不妊」

 

って、

おかしな言葉ですよね。

 

 

二人目という事は、

一人は妊娠して、

お産をされているという事です。

 

なのに、

なぜ、

二人目を不妊と言うのでしょうか?

 

 

一人を妊娠して産んでいる、

と言う事は、

 

明らかに不妊では

ないじゃないですか。

 

 

ですが、

二人目不妊で悩んでおられる方は、

とても多いです。

 

 

 

一人目は自然に、

妊娠したのに、

なぜか二人目を妊娠しない。

 

 

それには、

もちろんいくつかの原因があります。

 

 

もともと、

一人目を不妊治療をしての、

妊娠だとちょっと話は変わりますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一つには、

そもそも妊娠というのが

「奇跡」だということです。

 

一人目を妊娠しない方にも

言えますが、

 

妊娠する事は、

決して当たり前のことではありません。

 

 

妊娠する事は、

奇跡なのだということを、

認識する必要があります。

 

 

ですから、

そんな奇跡が、

何度も起きないのです。

 

 

「そんなこと言ったって、

みんな、

二人も三人も産んでいるじゃないですか!」

 

と、

あなたは反論するかもしれません。

 

 

あなたの言う、

「みんな」

とは誰と誰のことでしょうか。

 

 

みんなが、

二人も三人も、

子どもがいれば、

 

日本の少子化問題は、

ないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年の、

合計特殊出生数は、

確か1.44だったかと思います。

 

この数字が、

みんなは二人子どもがいないと言うことを、

表しています。

 

 

子どもがいる人は、

目につくので、

 

多くの方に

子どもがいるような錯覚をしますが、

 

子どもを持たない方の方が、

今は圧倒的に多いんです。

 

逆に多くの方が、

不妊で悩んでおられるんです。

 

 

 

まずは、

赤ちゃんを一人授かった奇跡に対して、

感謝して、

 

二人目を妊娠することが、

当たり前だと思わないことが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人目の妊娠に気を取られていると、

目の前に既に存在する、

 

大事なかわいい我が子の、

その時にしか見ることや経験のできない

 

大切な何かを、

見逃してしまうかもしれませんよ。

 

 

 

二人目不妊の、

その他の原因については、

また次の機会に♬

 

 

 

 

 



 

 

 

あなたが今まで以上に、

楽しく・美しく・自分らしく過ごせますように*:..。o○☆゚・: 

 

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたo(^-^)o