陣痛の痛みをなくすには・・・・・・。

 

未妊~妊活、妊娠・出産・育児、

そして産まないことも含めた

「あなたのお産」を通して、

 

あなたがより輝いた人生を送る応援をする
助産師・Birth Designer(バースデザイナー)
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 

 

 

 

ほとんどの方が、

 

「果たして、

私は陣痛の痛みに耐えられるのか!」

 

ということが不安で、

お産に恐怖を抱いておられます。

 

そして、

ほとんどの方が、

陣痛を痛みととらえておられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、

陣痛とは、

 

「不随意に、周期的に反復しておこる

子宮体筋の収縮で、

胎児を娩出する原動力である」

(最新産科学)

 

とされていて、

 

「10分間隔以内のの規則的な子宮収縮」

 

または、

 

「1時間に6回以上の規則的な子宮収縮」

 

が、

分娩陣痛とされています。

 

 

要するに、

陣痛とは痛みの事ではないんです。

 

 

「陣痛」という言葉が、

痛みの字を使っているので、

よくないと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

陣痛とよく間違えられるのが、

「産痛」です。

 

 

産痛とは、

 

「分娩時の子宮収縮、軟産道開大、

骨盤壁や骨盤底の圧迫、

 

子宮下部や会陰の進展などによって生じる、

下腹部痛や腰痛などの総称」

 

です。

 

ですから、

陣痛が産痛の原因になることはありますが、

陣痛=産痛ではないんです。

 

要するに、

陣痛は痛みの事ではなく、

 

陣痛によって、

痛みを感じる方もおられるということです。

 

なので、

当たり前の事ですが、

 

「陣痛は痛くなかった!」

 

と仰る方も、

普通におられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「思いは現実になる!」

という言葉の通り、

 

陣痛を痛みだと思っておられる方は、

お産が始まると緊張し、

 

その通りに、

痛みとして感じるでしょう。

 

なぜなら、

あなたが痛みだと思っているので、

 

あなたの脳がそう感じるように、

反応するからです。

 

では、

陣痛を痛みとして感じないようにするには、

どうすればいいのでしょうか?



 

それについては、

本日19:00配信のメルマガ

“Birth Design通信”で配信致します♫

 

登録はこちらから

       ↓  ↓  ↓

“BirthDesign通信”

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

あなたが今まで以上に、

楽しく・美しく・自分らしく過ごせますように*:..。o○☆゚・: 

 

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたo(^-^)o