何にフォーカスを当てるか?それだけで、お産の苦痛は変わります!

 

未妊~妊活、妊娠・出産・育児、

そして産まないことも含めた

「あなたのお産」を通して、

 

あなたがより輝いた人生を送る応援をする
助産師・Birth Designer(バースデザイナー)
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 

 

 

 

 

よく陣痛で入院した産婦さんが、

細かく陣痛の時間を、

メモに書いておられることがあります。

 

真面目な方や、

几帳面な方に多いです。

 

陣痛が始まってから、

陣痛の時間に集中していて、

 

陣痛のことばかり

考えておられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日の当直の時に、

陣痛で入院してこられた、

3人目の方も、

 

「1人目・2人目の時には、

陣痛に集中しないといけないと思って、

 

陣痛が始まってから、

テレビも消して、

陣痛のことばかり考えていました」

 

とおっしゃっていました。

 

 

陣痛を、

 

「赤ちゃんを生み出すための大切な力」

 

だと思って、

陣痛を受け入れている場合はいいです。

 

ですが、

 

「陣痛=痛み」

 

だと思って、

陣痛を苦痛に感じている場合には、

 

陣痛にフォーカスを

当ててはいけません。

 

 

 

 

 

 

陣痛にフォーカスを当てることで、

あなたのお産が、

より苦痛になってしまいます。

 

 

人は、

一つのことに集中すると、

 

それ以外のことが、

遮断されることになり、

 

より強く、

そのことを感じるようになります。

 

要するに、

陣痛に集中していると、

陣痛のことをより強く感じてしまいます。

 

陣痛を痛みだと感じていたら、

陣痛に集中することで、

 

陣痛の痛みが

増強されることになります。

 

なので、

よりお産が苦痛になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、

陣痛に集中しないために、

どうすればいいのでしょうか。

 

 

それについては、

本日19:00配信のメルマガ

“Birth Design通信”で配信致します

 

登録はこちらから

       ↓  ↓  ↓

“BirthDesign通信”

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

あなたが今まで以上に、

楽しく・美しく・自分らしく過ごせますように*:..。o○☆゚・: 

 

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたo(^-^)o