高齢出産だとお産の事を心配するけど、その前に妊娠中の異常も多いですよ!

 

未妊~妊活、妊娠・出産・育児、

そして産まないことも含めた

「あなたのお産」を通して、

 

あなたがより輝いた人生を送る応援をする
助産師・Birth Designer(バースデザイナー)
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 

 

 

 

35歳を過ぎてからの、

初産婦さんは、

高齢初産となります。

 

日本産婦人科学会では、

1991年~

 

「高齢初産とは、

35歳以上の初産婦」

 

とあります。

 

WHOでも、

 

「35歳以上の初産婦」

 

とされています。

 

なぜ、

「高齢初産」と、

わざわざいうのでしょか?

 

 

妊娠やお産は、

一般的に、

年齢の上昇と共に、

 

異常のリスクも、

上昇していきます。

 

そのために、

より注意が必要な、

 

ハイリスクな状態として

考える必要があるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、

35歳までだと安心か、

というとそうではありません。

 

1991年以前は、

実は30歳以上を、

「高齢初産」と言っておりました。

 

 

なぜ、

30歳から35歳に引き上げられたのか。

 

 

一番大きな理由は、

国際基準と合わせるためです。

 

 

WHOや諸外国が35歳以上なので、

統計など、

横並びに合わせるためです。

 

 

ですから決して、

高齢によるリスクが、

 

30歳から35歳に、

なったわけではないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

35歳からが

リスクのある高齢初産だから、

 

「35歳になっていない私は、

まだ大丈夫!」

 

だと思わないでくださいね。

 

逆に、

40歳を過ぎている方は、

 

なお一層、

リスクが上がっていることを

認識してくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、

この高齢によるリスクが、

 

お産の時のことだと

思っている方が多いのです。

 

ですが実は、

妊娠中に異常になる確率も、

かなり上がってきます。

 

 

妊娠中に、

高齢のために起こりやすいリスクって

どんなのがあるの?

 

それについては、

本日19:00配信のメルマガ

“Birth Design通信”で配信致します♫

 

登録はこちらから

       ↓  ↓  ↓

“BirthDesign通信”

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

あなたが今まで以上に、

楽しく・美しく・自分らしく過ごせますように*:..。o○☆゚・: 

 

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたo(^-^)o