· 

「無痛分娩」を選択するのなら・・・・・・

 

未妊~妊活、妊娠・出産・育児、

そして産まないことも含めた

「あなたのお産」を通して、

 

あなたがより輝いた人生を送る応援をする
助産師・Birth Designer(バースデザイナー)
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 

 

 

 

「無痛分娩」による

事故が相次ぎ、

 

一時、

新聞やテレビなど、

メディアを騒がせていました。

 

賛否両論あり、

一概に良いとか悪いと判断はできません。

 

一つのお産の方法であり、

選択肢があることは

いいことだと思います。

 

 

Miss.Ooが、

当直をしている産院でも、

無痛分娩をしていますが、

 

事故のニュースがあった後でも、

希望者は後を絶ちません。

 

 

ですが、

無痛分娩には、

多くのリスクが伴うことは事実です。

 

 

現実に、

事故も起きていて、

悲しい結果になっています。

 

 

無痛分娩は、

本来なら必要のない、

麻酔薬を使っての、

 

あなたが、

あえて選ぶ人工的なお産です。

 

 

 

 

 

 

 

無痛分娩を推奨している方々は、

麻酔薬の量も少なく、

 

管理をしっかりしていれば、

リスクは少なく、

 

産婦さんは、

痛みから解放されて、

 

産婦さんにも、

赤ちゃんにも、

優しいお産だと言っています。

 

 

ここで、

気を付けなければいけないのが、

 

「管理をしっかりしていれば」

ということです。

 

 

なぜ、

「管理をしっかりしないといけない」

のでしょうか?

 

 

それは、

リスクを伴うからです。

 

麻酔の影響を、

産婦さんも赤ちゃんも、

受けるので、

 

それによる、

異変がないかを、

しっかり管理しておく必要があります。

 

当直の産院では、

赤ちゃんの状態を

常時管理できるように、

 

無痛分娩の方は、

フルで分娩監視装置を

付けることになっています。

 

赤ちゃんの心音が低下するなど、

赤ちゃんの状態が

悪くなってはいけないからです。

 

そして、

産婦さんも、

 

自動血圧計や心拍計、

経皮的酸素分圧計などの

器械を装着します。

 

急な血圧低下や、

呼吸停止など、

 

産婦さんに

異変があってはいけないからです。

 

産婦さんの異変は、

即、

赤ちゃんへも影響します。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして産婦さんは、

下半身の感覚がマヒしているので、

ベッドから降りることはできません。

 

ですから、

おトイレにも行けず、

 

定期的に、

導尿と言って、

管を入れて排尿することになります。

 

さらに、

麻酔の影響で、

陣痛が弱くなることが多く、

 

陣痛促進剤を使用することも、

多いです。

 

要するに、

無痛分娩をするために、

 

様々な管理と、

そのために必要となる、

様々な処置などが付加されていくんです。

 

これら全ては、

自然な分娩だと、

本来必要のないものばかりです。

 

 

それでも、

無痛分娩を選択される方には、

 

陣痛の痛みが緩和されるという

メリットが大きいのでしょう。

 

 

ですから、

無痛分娩の是非を

問うつもりはありません。

 

ただ、

無痛分娩にはリスクが伴うこと。

 

麻酔による、

母児への影響。

 

 

そして、

多くが陣痛促進剤を、

使用することになり、

 

そのリスクも併せ持つこと。

 

何かあってから、

 

「そんなことは知らなかった。」

 

「医師から何の説明もなかった。」

 

ということのないように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は、

情報があふれている時代です。

 

ご自分で調べても、

いくらでも、

 

無痛分娩についての情報を

得ることはできます。

 

 

あなたが選ぶお産です。

 

あなたが選んだお産です。

 

そのメリットだけに、

心を奪われずに、

 

その陰に隠れている、

リスクも知って、

 

正しい認識のもとで、

一番いいお産を選択していただきたいです。

 

そして、

無痛分娩を選択した時には、

 

あなたの選んだ出産場所が、

安全に無痛分娩をできるところなのか、

 

何か、

緊急事態が起きた時に、

すぐに適切な対処できる出産場所なのか、

 

そこも、

しっかり評価をして、

選択する必要がありますよ。

 

 

 

 

無痛分娩は、

お薬を使って、

簡単に痛みが取れる方法ですが、

 

それに伴うリスクを、

見落とさないでください。

 

 

ヒプノを使ったお産だと、

簡単ではないですが、

 

リスクのない、

自然な無痛に近いお産ができますよ。

 

 

 

ヒプノ(催眠)に興味のある方は、

 

0月8日(日)14:00~16:00

Birth Design講座(出産)

「お産×ヒプノ」

 

でヒプノの体験もできますよ

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

あなたが今まで以上に、

楽しく・美しく・自分らしく過ごせますように*:..。o○☆゚・: 

 

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたo(^-^)o