· 

「褒める事」「褒められる事」に慣れましょう!

 

「いつまでに」・「何人の子どもを」

「誰と」・「どこで」・「どのように」

「お産」するのか・・・・・・

 

人生を設計するように、

お産もデザイン致しましょう。

 

「家族の愛が深まるお産」
をデザインし実現させる

助産師・バースデザイナー®の
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 

 

 

 

あなたは、

最近誰かの事を、

褒めましたか?

 

逆に、

誰かから、

褒められましたか?

 

 

褒めた時は、

相手はどのような

反応を返してくれましたか?

 

逆に、

褒められた時に、

 

あなたはどうのような

反応を返しましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、

こんなことを聞くのか?

 

人は、

褒めることも、

 

褒められることも、

とても大切だからです。

 

人は、

褒められると、

 

能力以上の才能を

発揮することができたりします。

 

 

人を褒めることができる方は、

人の良い所、

長所にフォーカスを当てています。

 

プラスの面に、

意識が向いていると、

 

自分自身も

プラスの思考になっています。

 

さらに、

あなたが相手に発した

褒め言葉は、

 

あなた自身の脳にも伝わり、

脳を前向きに、

活性化させてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

褒められた時は、

どうでしょうか?

 

謙遜して、

そのことを否定してしまう方が、

 

比較的、

多いのではないでしょうか?

 

あなたはどうですか?

 

例え、

謙遜であっても、

 

褒められたことを、

否定してしまうと、

 

あなたの脳も、

そうだと思い込んでしまいます。

 

できている事、

自分の良いことを認め、

 

褒められた時には、

素直にそれを受け入れることが

大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お産の時にも、

褒めることは大切です。

 

褒め合うことで、

みんなにパワーがみなぎります。

 

暗い中で、

一所懸命に頑張っている、

 

赤ちゃんの事を、

励まし褒めてあげましょう。

 

そして、

一緒に頑張れている、

 

あなた自身の事も、

褒めてあげましょう。

 

そして、

二人を支えてくれている、

 

パートナーの事も、

褒めてあげましょう。

 

そのように、

褒めることを考えながら、

お産をしていると、

 

ポジティブで、

前向きなパワーに包まれ、

 

お産がよりスムーズに、

進むようになります。

 

そのためにも、

今から、

 

褒める事と、

 

褒められる事を

受け入れられるように、

 

実践していきましょう。

 

毎日少なくとも1個は、

ご自分の事と、

 

パートナーの事、

赤ちゃんの事を、

褒めるようにしましょう♬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが今まで以上に、

楽しく・美しく・自分らしく過ごせますように*:..。o○☆゚・: 

 

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたo(^-^)o