· 

お産のときに、本当にパートナーに望むことは?

 

「いつまでに」・「何人の子どもを」

「誰と」・「どこで」・「どのように」

「お産」するのか・・・・・・

 

人生を設計するように、

お産もデザイン致しましょう。

 

「家族の愛が深まるお産」
をデザインし実現させる

助産師・バースデザイナー®の
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 

 

 

 

 

 

 

お産のときに、

パートナーに望むことは、

なんですか?

 

ただ、

一緒にいてもらうことですか?

 

腰をさすってもらったり、

お水を飲ませてもらうことですか?

 

それとも・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妊娠中の今から、

パートナーとお産について、

話し合い、

 

一緒に準備をしていると、

 

パートナーに、

お産のときに、

 

何をしてもらえるか、

何をしてほしいか、

 

それらが、

具体的にイメージできて、

実行してもらえます。

 

ですが、

その準備がないと、

 

あなた自身もパートナーに、

何をしてもらっていいのか

わからないし、

 

パートナーも、

何をしてあげればいいのか、

わからずに、

 

せっかく、

立ち会い出産をしていても、

 

あなたと赤ちゃんと、

パートナーとの、

 

三位一体の、

3人で協力しあう、

 

家族の愛が深まるお産には、

なりにくいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ときには、

何もしてくれない、

パートナーに苛立ったり、

 

パートナーに遠慮して、

してほしいことを言えなかったり、

 

パートナーがしてくれたことが、

かえって、

あなたは不快に感じたり、

 

それを言えずに、

我慢していたり・・・・・・

 

と、

立ち会ったことが、

3人の関係に、

 

マイナスに、

なってしまうことさえあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですから、

今から、

お産について、

 

パートナーと一緒に考え、

準備をして、

 

立ち会い出産をする目的を、

お互いに明確にすることが必要です。

 

そして、

立ち会い出産することで、

 

あなたのお産が、

より良いお産につながるように、

 

立ち会い出産の効果を、

享受してください。

 

早速今夜にも、

パートナーとお産について、

話し合ってみてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが今まで以上に、

楽しく・美しく・自分らしく過ごせますように*:..。o○☆゚・: 

 

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたo(^-^)o