· 

お産のしミュレーションをしていますか?

 

「いつまでに」・「何人の子どもを」

「誰と」・「どこで」・「どのように」

「お産」するのか・・・・・・

 

人生を設計するように、

お産もデザイン致しましょう。

 

「家族の愛が深まるお産」
をデザインし実現させる

助産師・バースデザイナー®の
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 

 

 

 

 

 

 

何か大きなことをする前には、

その練習をして、

 

最後には、

本番さながらの練習を

しますよね。

 

例えば、

野球やサッカーなどの、

スポーツだと、

 

本番前には、

本番通りのメンバーで、

練習試合をしたりしますよね。

 

マラソンでも、

42kmまでは走らなくても、

 

人によっては、

20kmや10kmなどを走って、

調整をしたりしますよね。

 

バレエやピアノの発表会でも、

お芝居やコンサートでも、

 

本番の前には、

リハーサルがあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ならば、

お産も同じです。

 

初めてのお産は、

平均で12〜15時間くらいかかるので、

 

本番通りの、

リハーサルをすることは、

時間的に難しいかもしれません。

 

ですが、

陣痛の始まりから、

 

出産場所に行く時、

出産場所での過ごし方、

 

子宮口が3cmのとき、

子宮口が5cmのとき、

 

子宮口が7cmのとき、

子宮口が全開になったとき、

 

あなたとパートナーと赤ちゃんは、

どのような状態で、

どの様に過ごしているのか。

 

そのときの「じんつう」の間隔は。

 

そのときに呼吸法をしているのか。

 

そのときにヒプノで穏やかに

過ごしているのか。

 

そのときにパートナーは何をしているのか。

 

あなたは、

パートナーとおしゃべりしながら、

過ごしているのか。

 

赤ちゃんはどんな気持ちでいるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんな体位で、

 

どんな格好で、

 

どんな音楽が流れていて、

 

どんな香りがして、

 

どんな明るさのお部屋で、

 

それらをイメージしながら、

「じんつう」の始まりから、

 

赤ちゃんが生まれて、

胎盤がでてくるまでを、

 

何時間もかけて、

リハーサルをしておいてください。

 

できれば、

1回だけではなく、

何度かできるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただヒプノの練習や、

呼吸法・リラックスの練習を

するだけではなく、

 

それらを使いながら、

実際にパートナーと赤ちゃんと、

どのように過ごすのかを、

全体を通した、

舞台でいうならば、

 

「通し稽古」

 

のようなものを

何度かしておいて欲しいと思います。

 

そうすると、

いざ「じんつう」が始まっても、

 

何も慌てることなく、

練習通りに、

 

あなたもパートナーも赤ちゃんも、

落ち着いてお産に臨むことができます。

 

それが、

リラックスの第一歩ともなりますよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが今まで以上に、

楽しく・美しく・自分らしく過ごせますように*:..。o○☆゚・: 

 

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたo(^-^)o