· 

お産の不安や恐怖に立ち向かっていますか?

 

「いつまでに」・「何人の子どもを」

「誰と」・「どこで」・「どのように」

「お産」するのか・・・・・・

 

人生を設計するように、

お産もデザイン致しましょう。

 

「家族の愛が深まるお産」
をデザインし実現させる

助産師・バースデザイナー®の
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 

 

 

 

 

 

お産に対して、

漠然と不安を訴える方や、

 

陣痛の痛みや、

お産の時にご自分がどうなるかということに、

恐怖心を抱いている方が多いです。

 

というか,

殆どの方は多かれ少なかれ、

そういう感情を抱いていると思います。

 

その感情を否定するつもりも、

悪いと言うわけでもありません。

 

未知の世界に対して、

好奇心をもってワクワクする方と、

 

不安と恐怖で、

ドキドキする方がおられるのは常です。

 

ましてや、

ネガティブな情報が満載の

お産のこととなれば、

 

不安や恐怖があって、

当たり前です。

 

そこまでは、

皆さん同じなのですが、

 

次からの行動で、

その後のお産が、

大きく変わっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不安や恐怖を感じながら、

何の行動もしない方。

 

この方は、

何も変わらないので、

 

おそらく、

あなたが思い描く、

 

そのイメージのままの、

お産を体験することが多いでしょう。

 

次に、

不安や恐怖を緩和するために、

 

お産のことを知ろうと、

いろいろな情報を得る方。

 

そんなあなたは、

一歩前進です。

 

正しい知識を得て、

お産のことを知ることで、

 

知らないことからくる不安や、

漠然とした不安からは

解放されるでしょう。

 

ですが、

余分な情報も入ってしまい、

 

違う不安や、

他人の経験談などから、

 

恐怖心は、

ますます増していくかもしれません。

 

そうでないとしても、

知識を得ただけでは、

 

何も知らずに、

不安に感じているよりはいいのですが、

 

あなたのお産は、

大きく変わることは少ないです。

 

例えば、

山登りやマラソン・野球など、

なんでもいいのですが、

 

体を使って行うもので、

考えてみてください。

 

その方法や技術について、

いろんな物から情報を得て、

知識を身につけても、

 

実際にそれらが、

スムーズにできるようになりますか?

 

そんなことはないですよね。

 

体力がいることがわかった、

体の鍛え方がわかった、

体の使い方がわかった、

 

「わかった」だけでは、

体は変わりません。

 

体の使い方も変わりません。

 

ですが、

人は頭で理解すると、

できる気になってしまいがちです。

 

なので、

 

実際に山に登るとき、

 

マラソンのスタートを切ったとき、

 

バッターボックスに立った時、

 

初めて

 

「できない自分」

 

に気づくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、

あまりにも遅すぎます。

 

 

そうです。

 

お気づきだと思いますが、

情報を得て知識を得たら、

次は行動に移す事が大切です。

 

行動に移して、

 

そして、

それらを身につけて、

初めてあなたができるようになるのです。

 

お産に対して、

不安や恐怖を言っていても、

何一つ変わることはありません。

 

お産の正しい情報と知識を得て、

あなたにとってなにが必要かを知って、

 

そのうえで、

 

「行動」

 

を起こす必要があります。

 

そうすると、

あなたの体も心も変わっていき、

 

楽で楽しい、

快感を味わえる穏やかなお産が

できるようになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お産に対する不安や恐怖を

話している暇があれば、

 

それらをなくすための、

そうならないための、

行動に時間を費やしましょう。

 

あなたのこれからの行動が、

 

あなたのお産と、

赤ちゃんのお産を、

 

大きく変えることになりますよ♬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが今まで以上に、

楽しく・美しく・自分らしく過ごせますように*:..。o○☆゚・: 

 

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたo(^-^)o