· 

「自分のことを誇りに思う!」と満面の笑顔で語れるお産を。

「いつまでに」・「何人の子どもを」

「誰と」・「どこで」・「どのように」

「お産」するのか・・・・・・

 

人生を設計するように、

お産もデザイン致しましょう。

 

「家族の愛が深まるお産」
をデザインし実現させる

助産師・バースデザイナー®の
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 

 

 

 

 

楽なお産

 

痛くないお産

 

バースプランに、

よく書いてある、

 

どんなお産をしたいかの、

回答です。

 

それはそうでしょう。

 

誰も好き好んで、

痛いことや苦しいことを

したいものではありません。

 

ですが、

一方でなぜ人は、

 

苦しい思いをして、

マラソンを走り、

 

過酷な状況の中、

山を登るのでしょうか?

 

その後の達成感や、

やり遂げた充実感。

 

チャレンジしたものだけが味わえる

最高の感情。

 

それらが

あるからではないでしょうか。

 

障害があればあるほど、

成し遂げることが困難なほど、

それらの感情も大きいものです。

 

 

 

 

 

 

 

何事にも言えると思いますが、

 

「乗り越える」

 

ことが出来た時、

 

自分を認めることができ、

自分に自信が持て、

 

自分を誇りに思うことが

出来るのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お産の場合、

自力で産むことができる方と、

 

中には、

他力が必要な方もおられます。

 

そこには、

不可抗力による事が多いです。

 

ですから、

他力を借りたとしても、

 

成し遂げるまで、

産み終えるまでを、

 

精一杯、

頑張っていれば、

 

そのお産という大きな山を、

他人と協力し合いながら、

 

「乗り越えた」

 

ことで、

自信が持て、

 

自分のお産を、

 

そして、

自分自身を、

誇りに思えると思います。

 

 

ちゃんと頑張ることで、

味わえる感情だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

楽なお産がしたいのは、

当たり前の事です。

 

だからお薬を・・・・・

 

ではなく、

 

だからお産の準備をして、

しっかり頑張れるように

しておきましょう。

 

お産は、

新たな命を産むのと同時に、

 

輝いたあなた自身を、

新たに産むことができるのです。

 

 

「自分のことを誇りに思う!」

 

と満面の笑顔で語れる

そんなお産をして見ませんか🎵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが今まで以上に、

楽しく・美しく・自分らしく過ごせますように*:..。o○☆゚・: 

 

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたo(^-^)o