· 

貴女の人生にとって、そのお産は何番目に大切ですか?

 

「いつまでに」・「何人の子どもを」

「誰と」・「どこで」・「どのように」

「お産」するのか・・・・・・

 

人生を設計するように、

お産もデザイン致しましょう。

 

「家族の愛が深まるお産」
をデザインし実現させる

助産師・バースデザイナー®の
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 

 

 

 

 

 

ご自分に、

真剣に問いかけてみて下さい。

 

「貴女の人生において、

その赤ちゃんは、

 

その赤ちゃんを産む事は、

何番目に大切な事でしょうか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

価値観は人それぞれなので、

その答えに正解はありません。

 

ですが、

おそらくほとんどの方が、

 

1番か2番、

低くても5本の指には入るのでは、

ないでしょうか。

 

では、

次の質問です。

 

それに見合うだけの、

 

「時間」

 

と、

 

「労力」

 

と、

 

「お金」

 

をかけていますか?

 

もちろん、

お金は絶対に必要なものではありません。

 

ただ、

お金をかけた方が、

効率よく結果を出せるとは思います。

 

いづれにしても、

お産に向けて、

どれだけの事をしているかという事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「赤ちゃんが元気に生まれれば・・・」

 

「安産であれば・・・」

 

「他に望む事はないです。」

 

と多くの方が、

おっしゃいます。

 

赤ちゃんを元気に産むには、

産む時の貴女が

元気でなければなりません。

 

安産を望むなら、

安産ができるように

準備しなければなりません。

 

今お産をされる方の、

ほとんどが、

 

体力がなく、

骨盤は歪んでおり、

冷えています。

 

また、

痛みへの閾値も低く、

不安や緊張も強いです。

 

お産にとっては、

ネガティブな状態の方がほとんどです。

 

なのに、

不思議なことに、

 

お産は何とかなると、

思っていらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、

何とかはなるし、

 

何とかなお産でいいのなら、

それでいいんです。

 

ただ、

はじめの問いに、

もう一度答えてください。

 

貴女のお産、

貴女の赤ちゃんは、

 

貴女の人生において、

何番目に大切な事でしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが今まで以上に、

楽しく・美しく・自分らしく過ごせますように*:..。o○☆゚・: 

 

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたo(^-^)o