· 

肥満の方のお産は大変なんですよ!

 

「いつまでに」・「何人の子どもを」

「誰と」・「どこで」・「どのように」

「お産」するのか・・・・・・

 

人生を設計するように、

お産もデザイン致しましょう。

 

「家族の愛が深まるお産」
をデザインし実現させる

助産師・バースデザイナー®の
Miss.Ooこと太田敏枝でございます。

 

 

 

 

 

 

 

最近の当直で、

お産を介助させて頂いた方が、

立て続けに肥満の方でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体重が妊娠前から、

なんと、

19kgとか18kgとか増えているんです。

 

元々の体格が、

やせや標準の方ならまだしも、

 

元々肥満の方が、

その後の体重の増加です。

 

そうなると、

どうなるか。

 

もちろん、

赤ちゃんも大きくて、

 

3700g〜

大きい児では、

4000g超えの赤ちゃんも。

 

肥満の方は、

お腹にも脂肪がついて、

陣痛が弱くなりがちです。

 

そして、

赤ちゃんの通り道となる、

 

産道にも、

もちろん脂肪がついていて、

膣の中はパンパンです。

 

 

要するに、

赤ちゃんは大きく、

産道は狭く、

 

そして、

大事な陣痛は弱いのです。

 

当然、

お産は中々すすみません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると、

どうなるか。

 

 

当然、

お母さんも、

赤ちゃんもヘトヘトです。

 

かなりの時間をかけて、

きばらないと、

 

なかなか赤ちゃんは、

降りてきてくれません。

 

そうすると、

会陰部が浮腫んできたりします。

 

さらに、

膣がパンパンなので、

 

先に膣から裂傷が起き、

その延長線上の会陰部も、

裂傷が起きやすいです。

 

生まれた後の赤ちゃんも、

4000gを超えると、

 

「巨大児」

 

となり、

異常となります。

 

血糖が異常になる事も多く、

血糖値の検査などが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妊娠中に体重が増加する原因は、

消費カロリーより、

摂取カロリーが多いからです。

 

食べ過ぎか、

運動不足かです。

 

ようするに、

あなた次第と言うことです。

 

あなたが、

妊娠中に楽をして、

お産で苦労するのは、

 

まさしく自業自得で、

仕方がないとしても、

 

赤ちゃんも、

そのツケを払わされる事になります。

 

安全に、

元気な赤ちゃんを産みたい

と願わない方はいないと思います。

 

お産は、

産むときが勝負ではありません。

 

それまでに、

どれだけご自分の体を整えて、

準備しているかです。

 

「ちょっと、

体重が増えすぎた!」

 

と侮らず、

 

体重管理も含めた、

ご自分の体と、

 

そして心を整え、

いいお産ができるように、

準備をしておきましょう。

 

 

何を、

どう準備すればいいのか・・・・・・

 

と言う方は、

 

🌹11月23日(金・祝)18:30〜21:00

「家族の愛が深まる最幸のお産の10ステップ」

 

がオススメですよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが今まで以上に、

楽しく・美しく・自分らしく過ごせますように*:..。o○☆゚・: 

 

最後まで読んでくださり、
ありがとうございましたo(^-^)o