「妊娠」は赤ちゃんの生命の始まり。

男性の精子1個と、女性の卵子1個が結ばれて始まる、神秘の世界

目に見えない世界で繰り広げられる、

その「生命誕生」は、人間の力の及ばない

「奇跡」の出来事です。

 

1つの「生命」が誕生するには、いくつもの偶然の重なりが必要となります。

 

まず、男女の出会いが必要です。

何十億といるこの世界の中で、たった一人のそのパートナーと出会う確率。

そして、愛が芽生え愛し合うようになる確率。

そして、その日、その時に結ばれる確率。

それだけでも「奇跡」ですね✨

 

次に、それぞれの卵子と精子の出会いが必要です。

 

女性は、お母さんの胎内にいる時に、もうすべての卵子が作られていて、その後に新しくできる卵子はありません。

胎内で約700万個あった卵子が、出生時には約200万個に、思春期には約20~30万個までにどんどん減少し、その後も1回の月経の周期に1個の排卵と共に、約1000個の卵子が減少していきます。

まるで、砂時計のように、あなたの年齢と共に、刻一刻と卵子はなくなっていくんです。

その700万個あった卵子の中から選ばれた、たった1個の卵子。

しかも、卵子が精子と出会える場所にいるのは、月に1回の24時間限定。

まるでシンデレラのように、卵子の寿命は24時間でタイムリミットがきてしまうのです。

その24時間すべてが受精可能なわけではありません。

卵子の受精が可能な時間は、排卵後のたったの6~8時間と言われています。

 

一方男性は、思春期の頃から精子が作り始められ、毎日約5000万個~1億個の精子が作られています。

1回の射精で女性の体内に送り込まれる精子の数は、約1~4億個。

その中で、無事に卵子の待つ場所まで、たどり着くことのできる精子の数は数百個。

そして、たどり着いた卵子と受精できるのは数億個の中の幸運なたった1個の精子。

射精された精子の寿命は、女性の体内で平均2~3日、最長で1週間です。

精子もこの時間すべてが受精可能なわけではありません。

射精直後の精子には受精能力がありません。

驚くことに、精子は子宮内を進みながら受精能力を獲得していくんです。

およそ、射精後5~6時間後から受精が可能となり、その受精可能期間は約36時間だと言われています。

 

このように、700万個の中から選ばれたたった1個の卵子と、毎日毎日、数億個作られている数えきれない数の中から選ばれた幸運な精子1個が、

お互いの受精可能な期間に出逢えてようやく受精ができるんです。

しかし、卵子と精子が出会えたとしても、必ず受精できるとは限らないんです。

受精できる確率はわずか20~25%だと言われています。

 

そして、例え受精がうまくいっても、まだこれで妊娠が成立したわけではありません。

 

この受精卵が子宮内膜という受精卵のベッドに、無事たどり着いて、もぐりこむこと(着床)ができて、初めて妊娠が成立します。

この時、卵子や精子、子宮内膜の状態やタイミングなどが良くないと、その受精卵は着床できずに妊娠が成立しません。

 

そして、奇跡的に妊娠しても、まだまだ難関が続きます。

精子や卵子に問題がある場合には、自然の力で淘汰され流産してしまいます。

 

このように、すごい確率で妊娠した新たな生命が、約10か月の間、母体の中で育まれ、

母児共に最高の状態で

「おぎゃ~~~!!!」

元気な産声をあげ、ムチムチとした、なんともいえない香りの、そんな赤ちゃんを抱きしめることは、

数字には現されない天文学的なまさしく

「奇跡」なんです!

 

現在一人目のお子さんをご出産される方の平均年齢は30.6歳(平成26年)となり、平成23年以降30歳を超しています

女性の平均初婚年齢も29.4歳(平成26年)に上昇しています。

ですから、30歳を超えてからの妊娠・出産が当たり前のようになり、35歳を超えてからの妊娠・出産も、もはや珍しいことではなくなりました。

 

私が助産師になった、ほんの30年前には、30歳を過ぎて妊娠された初産婦さんは「高齢出産」ということで、リスクがあるので、「母子健康手帳」の表紙に「高」という赤いスタンプを押印して、そのリスクがあることがわかりやすいように区別されていました。

しかし、平成3年頃から30歳以上の初産婦さんが増えたことや、WHOを初めとする諸外国の定義に合わせて「高齢初産」の年齢が35歳に引き上げられました

そして、いつのまにか「母子健康手帳」への「高」という字の押印もなくなりました。

 

しかしながら、人間の体がこの30年間で、高齢でも妊娠・出産に問題のない体に変わったわけではありません

30年前も今も、高齢により妊娠・出産のリスクが高くなることは、何も変わっていないのです

 

人間の妊娠適齢期は、社会的には30歳や35歳を超えても、生物学的には25歳~30歳です

 

できればこの25歳~30歳の間に子どもを産み終えることが理想的です。

そうでなければ一人目を30歳までに産めるように計画することが望ましいです

生物学的な妊娠適齢期は、時代によって変わるものではないんです

 

世の中の「妊娠年齢」が変化しても、生物学的な「妊娠適齢期」は変わらないんです

 

 それどころか、むしろ、妊娠・出産に関していえば、現在、人間の体は退化しているかもしれません

からだの基本となる食事の質は悪化し、そのことは精子や卵子の質にも影響を及ぼしています。

姿勢の悪さや歩き方などの悪さによる骨格の歪み、骨盤底筋群や骨盤周辺の筋力などの低下による骨盤の歪み、体力の低下、潜在的に持っている本能を引き出す力の低下など、妊娠・出産に必要な本来持っている能力が、文明の進化と比例して衰えていると思います。

 

もちろん、時代と共に医学が進歩したことで、それらのリスクを医療で回避することができるようになってきました。

不妊治療の進歩は目覚ましく、異常がおきれば治療を施し、安全な分娩に導くために陣痛促進剤の使用や帝王切開術などが施行され、年々その率は上昇しています。逆に言うと、それだけ自然に妊娠・出産する力は衰えているということです。


では、なぜ高齢になると妊娠・出産へのリスクが高くなるんでしょうか?

 

まず、卵子の質の低下があります。

卵子の年齢は、あなたの年齢と同じです

卵子も年々歳を重ね、老化していきます。

卵子の老化は、「妊孕力」(妊娠する力)の低下や染色体異常などを引き起こしやすく、また、せっかく妊娠しても自然流産になる確率も高くなります。

 

次いで、あなた自身の体の問題です。

加齢に伴い、婦人科的合併症(子宮筋腫・卵巣脳腫・子宮内膜症・子宮がんなど)や、内科的合併症(糖尿病・慢性腎炎・心疾患・甲状腺疾患など)などが増えます。これらの合併症が妊娠・出産へ影響を及ぼすため、妊娠・出産のリスクが高くなります。 

また、加齢に伴う卵巣機能の低下や子宮の弾力性の低下、産道が硬くなったり、体力の低下や柔軟性の低下などにより、妊娠中の異常(切迫流早産・流早産・妊娠高血圧症候群・常位胎盤早期剥離・子宮内胎児発育遅延など)や出産時の異常(軟産道強靭、微弱陣痛、遷延分娩や分娩停止、帝王切開率の上昇、分娩時出血量の増加など)も増加致します。 


高齢になると、「妊孕力(妊娠する力)」の低下に伴い、そもそも妊娠自体が難しくなりなす。

パートナーができたり、お仕事が安定してきたりと、いざ妊娠を考えた時には年齢が高齢で、なかなか妊娠できずに「不妊」で悩まれている方も増えています。

 

「不妊とは、妊娠を望む健康な男女が、避妊をしないで性交をしているにも関わらず、1年以上妊娠しないもの」を言います。

現在では「不妊」のカップルは10組に1組ともいわれ、年々上昇傾向にあります。

 

「排卵日にSexをしたら」「避妊を止めれば」妊娠すると思いがちですが、生理周期の安定している若い男女が排卵期にSexをして妊娠する確率は、

わずか20~25%と言われています。

「不妊」になれば、不妊治療や体外受精で子どもを授かればいいと安易に考えがちな方もおられますが、35歳を超えると不妊治療での妊娠率も低下し、流産率は上昇するため、自然に授かるのと同様に、年齢と共に困難になっていきます。


このように、35歳を超えて妊娠・出産することには、とても多くのリスクがありデメリットが多いのですが、反対にメリットもあります。

 

≪高齢出産のメリット≫

1.経済的に余裕がある

日本の場合、年齢の上昇と経済的豊かさは比例すると言われています。妊娠・出産・子育ては経済的負担も大きいものですが、高齢の方は経済的に余裕がある事が多いです。

2.精神的に余裕がある

いろいろな人生経験を経ていることや、経済的に安定していることなどから、精神的にも安定していることが多いです。

3.子宮がんのリスクが低下する

確かな理由はわかっていませんが、「子宮体がん」のリスクが低下するというアメリカの研究が報告されています。

4.若返る

妊娠によるホルモンの分泌や、出産は最大のデトックスとも言われるほどのデトックス効果、育児などによる生活の充実感に伴い、心身共に若返ります。

5.子どもの発育に好影響

高齢出産の子どもは、うっかりした怪我をしにくく、また、言語の発達も良好であるという報告もあります。

 

 

高齢で妊娠・出産するのはメリットもあり,デメリットもあります。

しかしながら、いずれにせよこれらのデータや報告は、「過去の他人のデーター」です。

あなたのことを調査して導き出した確率ではありません。

ですから、これらのリスクについて知っておくことは大切ですが、これらのデーターにとらわれる必要はないんです。

 

あなたは、あなたが産みたい時期に妊娠して出産できるように、Birth Design を考え、準備を整えておくことが大切です

高齢による妊娠・出産のリスクがわかれば、それに対処することもできます。

妊娠を考える時になって、「妊娠しない」と慌てる事のないように、30歳までが妊娠適齢期であることを分かったうえでの、準備と対処が必要です。

 

自然の節理で考えると、赤ちゃんの生命をあなたの体内で宿した時が、あなたの出産適齢期です。

妊娠する力のある方は、出産する力も持っておられます。

あなたの「産みたい時期」を、あなたが選べるように、一緒に準備を始めましょう\(^o^)/

何事も知ることから始まります!

 

「知っている」のと「知らない」では、全く異なった結果になるでしょう!

「知る」と・・・・・・・・・・意識・行動・習慣が変わります      

 ⇒当然、「結果」も変わります。

 

「知らない」と・・・・・・何も変わりません(変わりようがありません) 

⇒当然、「結果」も変わりません

 

 

 あなたに必要な正しい知識が必要です?

ほとんどの受験生は学校だけでなく、塾や家庭教師から学んでいます。それは何故ですか?

 自分一人だけでの学習では限界があるからです。

妊活の雑誌やインターネットなどの情報からの独学で大丈夫ですか?

病院で教えていただくことは、医療だけに偏っていませんか?

それは、あなたに合わせた、あなたにとって必要な知識でしょうか?

あなたが、ストレスなくできる内容になっていますか?

 

あなたにとって「子どもを授かること」は、受験よりも大切なことではないでしょうか?

 

あなたの「Birth Design」にとって必要な知識とは、まずあなた自身の事を知ることから始まります。

ご自分でご自分のことを知ることは、案外難しいものです。

第三者の目も併せて、客観的に見ていくことでより分かることも多いものです。

そして、

あなた自身の事を知るのと同じように、パートナーのことも知り、パートナーにあなたのことを知ってもらうことも必要です。

子どもは一人では授かることができません。

お互いのことを理解しあい、深い愛と絆で結ばれることが大切です。

現在パートナーがいない方は、あなたが求めているパートナーはどのような方なのか、そのパートナーと出会うためにはどうすればいいのか、

そのことを知り、考える必要があります。

 

それから、どんなBirth Designを考えるのか。

妊娠・出産するにあたってのあなたの強みは何なのか、あなたの弱みは何なのか。

パートナーとの関係性を良好に保つための方法は。

あなたのBirth Designに合わせた、あなたに合った知識が必要なんです。

 

 

ですから、単に妊娠するための方法や健康に関するものだけではありません。

お金に関すること、パートナーとの関係、仕事との関係などなど、

あなたが「産みたい時期」を選ぶための、様々な知識が必要になってきます。

 

助産師・Birth Designerの太田が、あなたの「専属アドバイザー」として、あなたにとって必要な知識や情報を、あなたに合わせて提供させて頂きます。

 

 

★人形や模型などを使用して、視覚的にもわかりやすく指導させて頂きます。

★50型のテレビで、パワーポイントやDVDなどの映像を利用した指導もさせて頂きます。

★完全個別指導のため、あなたに必要な内容を、あなたに応じて指導させて頂きます。

★体を整えるための方法や、リラックスできるための技法なども指導致します。

★妊活・不妊・妊娠・出産について幅広い範囲から、あなたに応じて指導させて頂きます。


★90%以上が潜在意識であると言われています。

ヒプノセラピー(催眠療法)によって、その潜在意識の中に入り、あなた自身も気付いていない無意識(潜意識)の中に潜む妊娠・出産に対するトラウマやブロックを解放し、あなたの持っている潜在能力を最大に引き出し活用致します。

★あなた自身が「自己催眠」を習得できるよう導きます。

★ヒプノセラピー(催眠療法)は、ゆったりしたリクライニングソファーで受けていただきます。

★パートナーとお越しの時は、同時にお2人で受けていただくことができます。


★操体法・呼吸法・柔軟体操・骨盤体操などは、マットを敷いたスペースで一緒に行います。

★必要に応じてバランスボールなども使用致します。

★漢方(経絡)リンパトリートメント・腸マッサージはマッサージベッドを利用して施術させて頂きます。

★リラクゼーションやイメージリングは、リクライニングソファーを使用致します。


パートナーとのより深い絆が結べるように!

 

❧心理学テストなどを用いて、本当の自分を知ったり、パートナーの深層心理を知り、お互いの理解が深まり、より良い関係性が構築しやすくなる。

❧ヒプノ(催眠)を利用して、自己コントロールを高めたり、マインドを変えることにより、パートナーのことを、より受け入れやすくなる。

❧男女の脳の使い方の違いや特徴などを知ることで、相手の行動や考え方が理解できるようになる。

❧二人でBirth Designを構築していく中で、二人の方向性や子どもに対する考え方の理解を深めることができ、家族生活の価値観が共有できる。

❧人間だからこそできる生殖性だけではないSex。連帯性や快楽性なども含め、心と心の結びつきを大切にし、お互いが相手を尊重して思いやり、お互いに満足が得られるSexができるようになり、愛情がさらに深められる。

ご自分のBirth Designを実現できるような人間関係を築く!

 

❧「産まない」というBirth Designでなければ、子どもを授かるためのパートナーが必要です。パートナーを探すための「恋活」や「婚活」も応援します。

❧妊娠力にストレスは禁物です。ストレスの大きな原因となるのが、様々な人間関係です。ヒプノを利用して、自己コントロールを高めたり、マインドを変えることにより、ネガティブに捉えがちな言動も、受け入れやすくなったり、ポジティブに変換できるようになる。

❧Birth Designをしっかり考えることにより、お仕事のキャリアと「産みたい時期」のバランス、職場との調整などを一緒に考えていきます。

 

●基本女性の方が対象です(パートナーの男性は受講可能です)

●未妊(未来に妊娠する方)

・妊活中の方・不妊治療中の方・二人目不妊の方

・婚約中や新婚で、これから妊娠・出産について計画される方

・現在は妊娠の予定はなく、いずれは子どもが欲しいと思ってはいるが、妊娠・出産が30歳を超えてからになりそうな方

●子どもを授かるか悩んでいる、もしくは、子どもを授からないと決めておられる方


 

合計12時間

●2時間~3時間の間で30分単位で受講可能です

例 ・2時間×6回=12時間

  ・3時間×4回=12時間

  ・2時間×3回・3時間×2回=12時間など

●体調、その他の状況に合わせてご予約のお時間を調整し、それに合わせた内容のサービスを組ませて頂きます。

●初回受講日より、最長1年間を有効期限とさせて頂きます。


 

162,000-(消費税込み)

 *パートナーとペアでも同額です

   ・テキストの料金を含みます

   ・テキストはペアに1セットです

 *クレジットカードをご利用いただけます(VISA・MasterCard・American Express)


 

●当Salonは「助産院」ではありません

●当Salonでは医療行為はしておりません

●当Salonは妊娠を確約するものではありません

●精神科の既往がある方や、現在通院中の方、精神科のお薬を内服中の方は受講を受付けておりません。

●当Salonの主旨から、お子様のご同伴はお断りしております

●服装は体操やヒプノ(催眠)をしますので、できるだけ動きやすくゆったりした物をお選び下さい。

●妊娠された場合に、ご希望の分娩施設でのご予約をお約束するものではありません